1/4

【馥郁窯】 片口(醍醐寺の桜)

¥3,500 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

世界文化遺産の京都 醍醐寺は、平安時代から「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所で、豊臣秀吉が晩年贅を尽くした「醍醐の花見」を行ったことでも知られ花びらが大きく美しいことでも有名。その醍醐寺の枝垂れ桜が描かれた「醍醐寺の桜シリーズ」の片口です。
手のひらにしっかりおさまるサイズで、上部分を持っても底部分をもっても滑りにくい工夫が施されています。
冷たく楽しみたいときには氷をいれても、注ぐときに氷が飛び出さない設計で、そのまま冷たく溢すことなく静かに注ぐことができます。

おちょこやミニワインカップとお揃いにすると、さらに楽しさが倍増します。
※本価格は片口のみの料金です(ミニワインカップは含まれません)

京焼・清水焼は、歴史的にも茶の湯や会席料理にあわせる陶磁器として作られており、技術的には薄く軽く作られ、餌付けなどの装飾された作品が多くみられることで知られています。
全国に50名程度しかいない「日本の伝統工芸士」として活躍され続けている、村上 郁先生は、粘土がない京都で各所の土をブレンドし独自の土づくりを手掛け、本焼きの後に絵付けをし800℃で焼く上絵をして作品を仕上げます。
村上先生の一見素朴にみえて眺めるほどに繊細かつ芯のある上品な優雅さが作品のいたるところにあふれ出ています。

ゆったり、ほっこりとした時間に寄り添う一品です。
ワインでも日本酒でも、素敵にテーブルを演出してくれます。

※「醍醐寺の桜」シリーズの片口もご用意があります。ぜひご一緒に!
※全て手仕事で製造しているため、サイズ・容量・重さ・風合・絵には個体差があります
(参考サイズ)
・高さ(約9.5㎝) x 幅(約8㎝) x 長さ(約10㎝)

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (1)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,500 税込

※キャンセルできません。ご注文内容にお間違えがないか、必ずご確認ください。

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品